視聴時間45分【迎賓館・完全版】 西浦和也の代表怪談の一つ

実話怪談拾い物寄せ集め #159「迎賓館・完全版」 西浦和也

動画元:実話怪談拾い物寄せ集め #159「迎賓館・完全版」 西浦和也
動画投稿者:Coretta Iniguez
※この動画の視聴時間は45分です。

記事一覧(No.1~100)

List of blog articles (No.1~100).

記事一覧(No.101~)

List of blog articles (No.101~).

この動画を好きな方は、こちらの動画もおすすめ

動画について

この投稿をInstagramで見る

トーキョートムさん(@tokyotomu)がシェアした投稿

御紹介した動画は、昔、怪談を語られていた方たちが集まる場所で、西浦和也さんが怪談を語られている動画です。

西浦和さんの詳細について記載した記事はコチラです。

西浦和也「獄の墓」
 

御紹介した動画で西浦和さんが語られている怪談は、西浦和さんの代表怪談の一つ「迎賓館(げいひんかん)」です。

怪談「迎賓館(げいひんかん)」について

この投稿をInstagramで見る

中山市朗&オフィス・イチロウさん(@office_ichirou)がシェアした投稿

怪談「迎賓館」は、西浦和也さんの代表怪談の一つです。
怪談「迎賓館」は、西浦和さんが警備会社で営業課長の職に就いていた頃に、西浦和さん自身が体験した話なのだそうです。

怪談の主役になっている建造物「迎賓館」は、解体工事が始まったと同時に怪異現象が発生します。

【主な怪異現象】

  1. 宿直の警備員が寝ていると、白い着物の女性が首を絞めに来る
  2. 深夜の警備巡回中、怪談の踊り場に着物姿の女性が立っているように見える
  3. 深夜の警備巡回中、水道を止めているのに水洗トイレの水が流れる
  4. 鍵を閉めた二階の窓が勝手に開く
  5. 窓から女性が外を観ているのが確認される
  6. 解体中の倉に女性と複数の子供が現れ、工事作業員に指を指し怒鳴りだす。
  7. 解体中、天井から顔が出ている
  8. 梁の上を覗くと人が四つん這いになって進んでいる
  9. 倉の下に座敷牢があった
  10. 関東大震災でも倒れることのなかった、幅40センチメートルの壁が、何もしていないのに突然倒れた。
  11. 鍵が締まっている資材置き場に着物を着た女性が立っている
  12. 地下で電気設備の仕事をしていると、白い着物の人が入ってきて、突っ込んできたと思ったら突然消えてしまう。
  13. 誰も居ないのに、工事用足場がギシギシしなり、最後はバンバンと大きい音を立てられる。
  14. 怪異が連続して、作業を受けてくれる電気屋がいなくなって困る
  15. 電気の通っていない電気警備機の警告音が鳴り出す
  16. 解体工事が始まる前は怪異は全く無かったけれど、工事が始まった途端、怪異が起こり始めた
  17. 迎賓館跡地に建設された音楽ホールの控室に、着物を着た子供の幽霊が出るようになった
  18. 子供の幽霊が出る控室は、昔、藏之下に座敷牢があった場所だった。

怪異は解体終了後にも続き、新天地で再び立て直しが開始されても異常現象が起こり続けます。

けれども、ある出来事が起きた日をキッカケに、頻発していた怪異現象はピタリと止まってしまうのでした。

動画を観て思ったこと

この投稿をInstagramで見る

ホームシック博多 (福岡・インテリアショップ)さん(@homesic_hakata)がシェアした投稿

御紹介した動画は、聞き終えるのに45分かかる長時間動画です。

管理人は、途中で視聴を中断するのが嫌なので、長い間自由になれる時間に御紹介した動画を視聴していました。

動画で話されている怪談の内容は怖いのですが、管理人は寝るときによく御紹介した動画を流しながら寝ていました。

西浦和也さんの話声は優しくて落ち着くなと思いました。

動画を記事にした理由

この投稿をInstagramで見る

エンタメ〜テレ entermeiteleさん(@entermeitele)がシェアした投稿

怪談「迎賓館」は、西浦和也さんの代表怪談の一つなので、御紹介した動画を以前から記事にしたいと思っていました。

御紹介した動画は、怪談「迎賓館」を一番詳細に語られているものと思っています。

怪談「迎賓館」の完全版を御紹介しようと思い、御紹介した動画の記事を書くことに決めました。

まとめ

この投稿をInstagramで見る

中山市朗&オフィス・イチロウさん(@office_ichirou)がシェアした投稿

西浦和也さんが語る怪談「迎賓館」はいかがでしたか?

この記事を書くため、管理人は久しぶりに御紹介した動画を観たのですが、西浦和さんの優しい口調に癒しを感じ、聞き入ってしまいました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする