実話怪談「京都の家の妖怪」西浦和也

実話怪談寄せ集め #34「白い三角すい」 西浦和也

動画元:実話怪談寄せ集め #34「白い三角すい」 西浦和也
動画投稿者:怪談市場

【 投稿記事一覧 】

No.1~100 No.101~

【 動画のおすすめポイント 】

  • 京都の怪談を聞くことができます。

【 この動画が好きな方におすすめの動画 】

動画について

御紹介した動画は、怪談収集家の西浦和也さんが語る怪談を収録したものです。

【 動画の怪談の内容 】

Aさんは子供の頃、京都に約7年間住んでいたことがありました。

京都で暮らしていたときに住んでいた家で、Aさんは毎週、妖怪のようなものを見ていたそうです。

夜中に目が覚めると、障子の向こう側にある縁台の上を1メートル50くらいの大きなものが動いているのが見えていたとAさんは語ります。

そして、それは白い三角錐のような形状をしていたそうです。

障子を開けたまま寝ていたある夜、Aさんは白い三角錐の正体を見てしまいました。

【 怪談の舞台になった場所 】

動画を観て思ったこと

京都は歴史ある場所なので、御紹介した動画で話されている妖怪が現れても不思議は無いかな、と思いました。

何の理由があって毎週、7年間もAさんの前に現れたのでしょうか?

管理人は、何の害も無い妖怪だったら見てみたいとも思いました。

動画の最初の頃で話されている、神戸の震災当時に見られたという牛の話も興味があるので、いつか記事として紹介できたらと思っています。

「しらけ鳥」について

この投稿をInstagramで見る

yukiko(@creamy.yukiko)がシェアした投稿


御紹介した動画の中で話されている「しらけ鳥」とは、1976年から1978年に放送されていたバラエティ番組「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」に登場していたキャラクターです。

「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」にレギュラー出演していた小松政夫さんが、「しらけ鳥」のパペットを片腕にはめて「しらけ鳥音頭」を歌っていました。

動画を記事にした理由

御紹介した動画の怪談は、西浦和也さんの語るお話の中で軽い感じの怪談になると思います。

たまには、こんな感じの怪談も息抜きのために良いのかな、と思い記事にしました。

まとめ

御紹介した動画はいかがでしたか?

今回の動画は、軽い内容の怪談だったのでリラックスして記事を書くことができました。

重い内容の話ばかりでは気が滅入ってしまうので、時々、気分転換のために軽い内容の怪談記事も投稿しようと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする