実話怪談「魚に名前を付けてはいけない理由」西浦和也

実話怪談寄せ集め #116「濁る水槽」 西浦和也

動画元:実話怪談寄せ集め #116「濁る水槽」 西浦和也
動画投稿者:怪談市場

【 投稿記事一覧 】

No.1~100 No.101~

【 動画のおすすめポイント 】

  • 魚に関する実話怪談です。
  • これが本当なら、魚を飼育するときの参考になるかもしれません。

【 この動画が好きな方におすすめの動画 】

動画について

御紹介した動画の怪談は、実話怪談収集家の西浦和也さんが本を出版するときにお世話になった編集者さんが体験したものです。

【 動画の怪談の内容 】

編集者さんには、幼稚園に通う娘さんがいました。

ある日、幼稚園ではメダカを子供たちに配り、各家庭でメダカの観察日記をつけるように言われます。

娘さんは5匹のメダカを家に持ち帰ると、一番大きなメダカに名前を付けました。

娘さんは、毎日メダカの名前を呼びながらエサを与え、世話をしていきます。

そんなある日、名前を付けた大きなメダカが死んでしまいました。

その翌日、編集者さんが買い物から帰宅すると、水槽の水が白く濁り、残ったメダカの内の一匹が死んでいるのを発見します。

編集者さんは水槽の砂利を洗い、新しい水に換えました。

しかし、二日もしないうちに水は白く濁り、一匹のメダカが死んでしまいます。

その後も同じ出来事が起き、困った編集者さんは、以前に水族館で働いていた実父に相談することにしました。

編集者さんに話を聞いた実父は、そのままペットショップに行くと驚きの行動に出ます。

メダカについて

メダカは体長約3.5cmほどの小型の淡水魚。目が大きい様子からメダカと呼ばれるようになります。

メダカは日本各地で生息しており、昔から観賞魚として親しまれてきた魚でもあります。

参考:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「メダカ」

この投稿をInstagramで見る

ニコマート(@niko._.mart)がシェアした投稿

動画を観て思ったこと

管理人は動物好きですが、魚類は飼育したことがありません。

そのため魚を飼育するための知識がほとんどないので、御紹介した動画は参考になりました。

ただ、これから先も魚を買う予定は無いので、参考になっただけになります。

動画を記事にした理由

魚に関する知識が無い管理人なので、他の魚に関する知識がある方が、この怪談を聞いてどう思うのか知りたい気持ちがあります。

まとめ

御紹介した動画はいかがでしたか?

魚には魚独特の不思議な話ってあるのだなと思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする