実話怪談「あじゃりの森で起きた怪奇現象」西浦和也

実話怪談寄せ集め #136「あじゃりの森」 西浦和也

動画元:実話怪談寄せ集め #136「あじゃりの森」 西浦和也
動画投稿者:怪談市場

【 投稿記事一覧 】

No.1~100 No.101~

【 動画のおすすめポイント 】

  • 大阪府高槻市の心霊スポット「あじゃりの森」の怪談を聞くことができます。

【 この動画が好きな方におすすめの動画 】

動画について

この投稿をInstagramで見る

中山市朗&オフィス・イチロウ(@office_ichirou)がシェアした投稿


御紹介した動画は、実話怪談収集家の西浦和也さんが大阪府高槻市にある「あじゃりの森」について語られているものです。

【 動画の怪談の内容 】

「あじゃりの森」は大阪府高槻市にあります。

「あじゃりの森」は、名前に森という漢字がついていますが、現代では「あじゃりの森」周辺は開発され、お稲荷様の神社を思わせる雰囲気になっているそうです。

「あじゃりの森」には昔から気味悪がられ、近所の方も近寄らない場所があります。

「あじゃりの森」の神社の社の後ろ側にあるその場所には、地元に点在していた古いお墓などが集められ、山積みに積み上げられているそうです。

「あじゃりの森」の情報を得た西浦和也さんは、北野誠さんと女性漫画家と共に現地に向かいました。

すると、「あじゃりの森」に着いた途端に、全員のカメラが使用不能になってしまったそうです。

仕方がないので携帯電話のカメラで撮影することになったのですが、その後も怪奇現象が西浦和也さん一行を襲うのでした。

【 「あじゃりの森」の場所 】

「あじゃりの森」について

「アジャリの杜」の名は、日本書紀で安閑(あんかん)天皇の命に背いて土地を献上しなかった味張(アジハリ)が、報いとして屯田耕作の為に農民を春秋500人献上した話からアジハリが訛ったと云われ、その人々が住んだ場所が五百住(よすみ)の地名といわれています。

引用:たかつき〇〇ナビ「アジャリの森・歩人山稲荷神社(あじゃりのもり・ぶにやまいなりじんじゃ)」

日本書紀は日本最古の歴史書の一つで、西暦720年に完成された書物です。

そんな日本最古の歴史書に載るくらい、古くから人々に恐れられていたなんて怖すぎますね。

管理人は、「あじゃりの森」が心霊スポットになった理由を調べることができませんでした。

ただ、動画で語られている「古い墓石を山積みにしている」、他にも「自死した方がいるらしい」などという噂があるらしいので、「あじゃりの森」が心霊スポット化した原因は、これらにあるのではと思いました。

動画を観て思ったこと

御紹介した動画を観て思ったことは、日本にも古から続く「いわくつきの場所」が今でも残っているのだな、と思いました。

YouTubeなどで「神社やお寺、お墓などを潰して住宅地にした場所」にまつわる怪談を聞くのですが、潰せずに残されているということは、相当、恐れられている場所なのかな、と思いました

動画を記事にした理由

御紹介した動画を記事にした理由は、大昔から恐れられてきた土地の話だったからです。

日本各地の心霊スポットと呼ばれる場所の多くは、様々な理由から取り壊され、宅地や商業地として再開発されていますが、「あじゃりの森」は周囲が住宅地になりながら、現在も残されているのですから筋金入りの心霊スポットといえるのではないでしょうか。

まとめ

御紹介した動画はいかがでしたか?

管理人は、実際に心霊スポットに行くのは怖いので、こうして心霊スポットの記事を書いて、行った気になっているだけで十分かな、と思いました。