辻井伸行「ピアノソナタ第14番嬰ハ短調 作品27-2 『幻想曲風ソナタ(月光ソナタ)』第1楽章(ベートーベン)」Nobuyuki Tujii : ピアノ演奏:piano performance:Sonata quasi una Fantasia(Ludwig van Beethoven)

動画元:辻井伸行×ドイツ 月光 ソナタ ベートーヴェン
動画投稿者:0000 goto.r

【 投稿記事一覧 】

【 辻井信之さんの動画記事 】

動画について

御紹介した動画は、辻井伸行さんがピアノソナタ「幻想曲風ソナタ(月光ソナタ)』第1楽章」を演奏している様子を撮影したものです。

【辻井さんの詳細は、こちらの記事を御覧ください。】

御紹介した動画には説明文が記載されていなかったので、動画の題名からドイツでおこなわれた演奏会だということだけしか分かりません。

【ドイツの場所】

「幻想曲風ソナタ(月光ソナタ)」とは

御紹介した動画で辻井さんがピアノ演奏していた曲は、一般的に「月光」という名前で知られている曲です。

「月光」は通称「月光ソナタ」が略されたものです。

そして「月光ソナタ」の本当の題名は「ピアノソナタ第14番嬰ハ短調(えいたんちょう) 作品27-2 『幻想曲風ソナタ』(Sonata quasi una Fantasia)」といいます。

「幻想曲風ソナタ(月光ソナタ)』第1楽章」の作曲者について

「幻想曲風ソナタ(月光ソナタ)』第1楽章」の作曲者はベートーベンです。

ベートーベンの詳細は、こちらの記事を御覧ください。

辻井伸行「テンペスト(ベートーベン)」Nobuyuki Tujii : ピアノ演奏:piano performance: für Klavier Nr.17 d-Moll Op.31-2(Ludwig van Beethoven)

「幻想曲風ソナタ(月光ソナタ)」の概要

「幻想曲風ソナタ(月光ソナタ)」は1801年(1802年初版)、ベートーベンが30歳のときに作曲した作品です。

ベートーベンはこの曲に「幻想曲風ソナタ」という題名をつけました。

通称になっている「月光ソナタ」という名称は、詩人でドイツの音楽評論家のルートヴィヒ・レルシュタープという人物が「幻想曲風ソナタ」第1楽章がもたらす効果として「スイスのルツェルン湖の月光の波に揺らぐ小舟のよう」と表現したことが発端になっています。

参考:Wikipedia「ピアノソナタ第14番 (ベートーヴェン)」

動画を記事にした理由

私は昔から何かの楽器を演奏できるようになりたいと思ってきました。

けれども団地住まいだと騒音問題などで自宅で楽器演奏などできません。

そこで携帯アプリのピアノで演奏を楽しんでいた時期がありました。

そのときに弾いていた曲に「幻想曲風ソナタ(月光ソナタ)第1楽章」があり、その曲の美しさに惹かれて、自由時間が出来るたびに「幻想曲風ソナタ(月光ソナタ)第1楽章」を弾き続けていました。

今回御紹介した動画で再び「幻想曲風ソナタ(月光ソナタ)第1楽章」を聴いて、多くの方に聴いていただけたら良いなと思い、記事を書きました。

まとめ

御紹介した動画はいかがでしたか?

一時期、管理人は就寝時にこの動画を観ながら床に就いていました。

肩の力を抜いてリラックスしたいときにオススメの動画です。