中山市郎の怖い話「神社跡地を住宅街にして祟られた話」実話怪談・心霊・オカルト

動画元:北野誠の茶屋町怪談2019夏 【茶屋町怪談2020夏 配信中】
動画投稿者:MBS1179RADIO

【 投稿記事一覧 】

【 中山市郎さんの動画記事 】

動画について

御紹介した動画は、2019年7月に放送された「北野誠の茶屋町怪談2019夏」というラジオ番組から、中山市郎さんが怪談を語っている部分をピックアップしたものです。

「北野誠の茶屋町怪談」はMBSラジオで放送されました。

【中山市郎さんの詳細は下記の記事を御覧ください】

【動画の怪談のあらすじ】

中山市郎さんの知り合いのAさんが、不動産で働いているBさんから聞いた話です。

AさんがBさんに「事故物件は本当にあるのか」質問したところ、「あるよ」と返答されます。

そして「それよりも、もっと怖い話があるよ」とBさんは続けます。

それは神社の跡地にまつわる話で、その土地に住んだ人々や関係者に不幸な出来事が起きたという内容でした。

動画を観て思ったこと

管理人は中山市郎さんや西浦和也さんをはじめ、実話怪談を語る方々の動画を観始めてから中古物件や土地に関して警戒するようになりました。

実話怪談には多くの家や土地、物に関する怪談が多く存在するからです。

そして、その多くが土地家屋に住んだために恐怖体験をし、最悪の場合になると他界する方もいらっしゃったということで、今の住居から移住することをた躊躇っているくらいに恐怖心を持っています。

以前、昔からの念願だった東京に移住できるチャンスが巡ってきたときには土地家屋に対する恐怖心が勝って引っ越しを断念した経験もあります。

東京関係の実話怪談を視聴していると、昔起きた災害などで犠牲となった方々が原因の怪談を数多く聞いてしまい怖くなったからです。

今では「死ぬまで今の住居に住み続けた方が良いのかもしれない」と思うくらいに実話怪談に洗脳されています。

まとめ

御紹介した動画はいかがでしたか?

実際に不動産業を営んでいるかたによる事故物件の怪異は、より一層、怖さが増すものですね。

あまり気にしてはいけないとは思うのですが、土地家屋を購入したら、そう簡単には引っ越せないし、などと考えると簡単には行動できなくなるものだと実感しました。

けれども、もしブログで住居を購入できるくらい稼げるようになったら、新築の住居を購入して移住したいとの夢はまだ持ち続けています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする