中山市郎の怖い話「神社参道前の家に住み祟られた話」実話怪談・心霊・オカルト

動画元:北野誠の茶屋町怪談2019夏 【茶屋町怪談2020夏 配信中】
動画投稿者:MBS1179RADIO

【 投稿記事一覧 】

【 中山市郎さんの動画記事 】

動画について

御紹介した動画は、怪異収集かの中山市郎さんが2019年7月14日にMBSラジオ放送のラジオ番組「北野誠の茶屋町怪談2019夏」で実話怪談を語っている部分を抜粋したものです。

【中山市郎さんの詳細は下記の記事を御覧ください】

【怪談のあらすじ】

中山市郎さんが主宰する怪談ライブ終了後、中山さんがお客さんと話をしていると、Aさんが話しかけてきました。

中山さんがAさんの話を聞いてみると、Aさんの友人Bさんに関しての相談でした。

Bさんは事業を行っており家族円満で子供もいたそうです。

ある日、Bさん一家が引っ越しをした途端に事業が立ち行かなくなり、家族が交通事故や病気で他界してしまったそうです。

今ではBさん一人だけになってしまい、事業も潰れ、Bさん自身も病に侵されているのだそうです。

AさんはBさんの身に起きた不幸な出来事の原因は何か、中山さんに質問してきました。

中山さんはBさんが引っ越した場所が気になり、Aさんに教えてもらいます。

Bさんが引っ越した場所を知った中山さんは、Bさんの身に起きた不幸の原因を確信するのでした。

動画を記事にした理由

実話怪談を語る方のお話は教訓めいた話が多く、勉強になると管理人は思っています。

その中でも中山市郎さんが語る実話怪談は恐ろしくて教訓になるお話を多くされています。

目に見えない世界のことなので、思い込みや偶然なのかもしれませんが、日本に昔から受け継がれてきた神社仏閣を敬う心を忘れないで欲しいと思い記事にしました。

動画を観て思ったこと

昔の管理人は「神社は神聖な場所・困ったことができたらお願いしに行く所」と漠然と思っていました。

29歳のときにインターネットで多くの情報を得られるようになってから神社仏閣に対する気持ちは恐怖心も含まれるようになりました。

それは実話怪談の中に、神社仏閣に失礼な行為をして不幸な出来事に襲われる人の話が多く存在したからです。

今回、御紹介した動画で話された実話怪談もその一つでした。

まとめ

御紹介した動画はいかがでしたか?

参道の前に建っている家に引っ越しただけで一家断絶するなんて怖いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする