中山市郎の怖い話「大阪梅田の警備員の怪談」実話怪談・心霊・オカルト

動画元:北野誠のズバリ お盆怪談ウィーク四日目
動画投稿者:CBC1053CH

【 投稿記事一覧 】

【 中山市郎さんの動画記事 】

動画について

御紹介した動画は、中山市郎さんが実話怪談を語られている部分を、CBCラジオで2020年8月に放送された番組「北野誠のズバリ」から抜粋したものです。

【中山市郎さんの詳細は下記の記事を御覧ください】

【怪談の内容】

K君は幽霊を信じない男性でした。

そんなK君は警備員のアルバイトを始めることになりました。

ある日、K君は上司に大阪梅田の某地下での警備を頼まれます。

昼間は人通りが多く、夜はシャッターが閉まり寂しい雰囲気に包まれる場所でした。

大阪梅田の地下での初出勤の日、K君が警備のため巡回していると、突然、女性の叫び声が聞こえてきます。

声がした方へ走っていきますが誰も居ません。

仕方なくK君が警備を続けていると、元来た方から再び女性の叫び声が聞こえてきます。

K君は走って声のした方へ走っていきましたが、やはり誰も居ませんでした。

上記のようなことが一晩で7~8回続き、その日からK君は次々と怪奇現象に遭遇していくのでした。

【大阪梅田の場所】

動画を観て思ったこと

管理人は昔、警備員の仕事をしてみたいと思ったことがありました。

イメージ的に肉体労働よりは楽な仕事に見えたからです。

けれども西浦和也さんの実話怪談を聞くようになって、警備員の仕事に就かなくて良かったかもしれないと思うようになりました。

今回御紹介した動画により、その思いが強いものになりました。

【西浦和也さんが語る警備員関係の怖い話は

動画を記事にした理由

管理人にとって、仕事関係の実話怪談はリアルな世界と近いものが多く、とても興味深いものなので積極的に記事にしていこうと考えています。

もし自分自身に同様な出来事が起きそうになったとき、早めに逃げられるかもしれない、という臆病な気持ちも仕事関係の実話怪談に興味がある理由の一つです。

まとめ

御紹介した動画はいかがでしたか?

仕事をしていると自分の気持ちに反して、仕方なく関わらなければならない事柄に遭遇することが多々あります。

そんなときは、ある程度ガマンしてから早急に退散しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする