中山市郎の怖い話「件(くだん)の目撃談と考察」実話怪談・心霊・オカルト

動画元:中山市朗 実話怪談 件くだんにまつわる話 作業用 睡眠用
動画投稿者:久慈ありす

【 投稿記事一覧 】

【 中山市郎さんの動画記事 】

動画について

御紹介した動画は、怪異収集家の中山市郎さんが件(くだん)について語っているものです。

この動画は1時間以上もあるので、観覧されている方々が分かりやすいように件に関する話別に詳細と、話が始まる各時間を記載します。

御自分の聴きたい時間から、お好きな件の怪談をお聞きください。

1.甲山(かぶとやま)の件(くだん)目撃情報・兵庫県西宮市

この投稿をInstagramで見る

Hikaru_Uchiyama(@2000shot)がシェアした投稿

その1.鳴尾中学校の理科の先生が遭遇した件

【怪談の内容】開始時時間 0:46

とある月曜日、いつも冷静沈着な理科の先生が興奮して生徒たちに話し始めます。

前日の日曜日に兵庫県の甲山(かぶとやま)へ植物採集に行った先生は、夕方になり自宅へ向かって歩いていました。

そのとき、山の斜面に着物を着た女性がうずくまっているのを発見します。

その女性をよく見てみると…。

その2.消失した祠(ほこら)跡地に現れた件

【怪談の内容】開始時間 3:25

初老の男性の話。

昔、甲山の近くに祠がありました。

その祠には、妖怪退治が行われたときに妖怪を封じ込めたという逸話がありました。

その祠は戦時中、空襲で西宮市と神戸市が焼け野原になってしまったとき、祠も焼けてしまったそうです。

空襲によって家を失ってしまった人々が夕暮れ時に祠の建っていた辺りを歩いていると、頭の大きい着物を着た人影を見るようになったという…。

【件が目撃された甲山の場所】

2.新聞に掲載された件

【怪談の内容】開始時間 4:40

昔、牛の屠殺場(とさつじょう)を経営していたお屋敷に、お手伝いとして働いていたお婆さんが語ったお話です。

お婆さんが働いていたお屋敷には座敷牢があり、家の人が座敷牢に食事を運んでいました。

そして戻ってくるときには、血に染まった包帯を持ち帰ってきていたそうです。

それを見ていたお婆さんは「あそこには何かある」と思うようになり、そのことをお婆さんは近所の人たちに話してしまいました。

ある時、お婆さんが働いていたお屋敷は空襲で焼け落ちてしまいます。

お婆さんの話を聞いて興味を持っていた人々が、焼け落ちたお屋敷周辺を探索していると、頭が牛で赤い着物を着た女性が立っていたそうです。

3.西浦和也さんが聞いた件の目撃情報・神戸

西浦和也(にしうらわなり)さんは実話怪談や怪奇現象などの情報収集をおこない、インターネットや怪談ライブで収集された実話怪談を語る活動をされている方です。

【西浦和也さんの詳細は下記の記事を御覧ください】

【怪談の内容】開始時間 14:25

西浦和也さんが東京の警備会社で営業の仕事をしていたとき、1995年(平成7年)1月17日に発生した阪神淡路大震災での経験談です。

阪神淡路大震災発生し直後、西浦和さんは部下の警備員たちを被災地警備のためにバスに乗せ、神戸の現場に向かわせました。

神戸の高速道路や街の警備を始めたところ、警備の仕事終了後にファックスで送られてくる報告書に「牛を見た」という内容が掛かれるようになりました。

その枚数は十数件にも及びました。

神戸の仕事を終えて東京に戻ってきた警備員たちに事情をたずねると、「牛を見た」との報告をした内の一人が事情を説明し始めます。

【神戸の場所】

4.中山さんの知り合いが目撃した件・神戸、西宮近辺

中山市郎さんは、怪談を語って聞かせるという怪談会を開催しています。

この話は怪談会の参加者Aさんが、怪談会の打ち上げのときに中山さんが聞いた話です。

【怪談の内容】開始時間 17:38

阪神淡路大震災が発生したときAさんは神戸で生活していたため被災されたそうです。

Aさんは震災直後に瓦礫の下敷きになりました。

身動きのとれないAさんが瓦礫の隙間から外を見ていると、目の前に牛の足が立っているのが見えました。

けれども牛の足は4本のはずなのに、Aさんの目の前には牛の足が2本しか見えません。

不思議に思っていると、2本の牛の足はヒョコヒョコと歩いてAさんの視界から消えていきました。

牛の足が視界から消えた直後、Aさんは発見され救助されたそうです。

中山市郎が件について考察する

【件に関する中山市郎さんの見解】開始時間 20:37

甲山は元々「かみの山」といっていたのが甲山になったとの逸話が残っているそうです。

甲山の近くにある夫婦岩の横を午前0時に車で通ると、牛女が夫婦岩の上で踊っているというに件が居るという噂が残されています。

夫婦岩近辺には神呪寺(かんのうじ)と鷲林寺(じゅうりんじ)という二つのお寺があり、その二つのお寺が件と関係があるのかもしれないと中山さんは考えているようです。

中山市郎さんが考察する件の元になった出来事は、聖徳太子と聖徳太子の母まで時代を遡るので少し難しい話に感じるかもしれません。

動画を観て思ったこと

管理人が件の話を知ったキッカケは2CHのオカルト版でした。

そのため、ただの都市伝説なんだろうなと考えていたのですが、御紹介した動画を視聴した後は、聖徳太子の時代まで遡って考察できるほどの話だったのかと、驚いた記憶があります。

まとめ

御紹介した動画はいかがでしたか?

動画の後半は、中山さんの考察により話が難しくなっていきますが、管理人は分かる範囲だけ理解できれば良いかなと思いながら聞いています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする