一覧

アニメ進撃の巨人第11話「偶像ートロスト区攻防戦⑦ー」(Attack on Titan – Episode 1×11)

アニメ進撃の巨人第11話の冒頭部分で、多くの仲間を殺した巨人に対して怯えた兵士たちの様子が描かれています。視聴者としては兵士たちに勇敢に戦ってほしいところですが巨人に対して怯え、闘争心を失ってしまった兵士たちの様子にリアリティを感じました。

アニメ進撃の巨人第10話「応える ートロスト区攻防戦⑥ー」(Attack on Titan – Episode 1×10)

アニメ進撃の巨人第10話は巨人から出てきたことが原因で捕えられたエレンが、駐屯兵団に「人間か?巨人か?」と質問され「自分は人間だ」と答えるシーンから始まります。この回でエレンとアルミン、ミカサの関係が信頼し合っている関係だと理解できます。

アニメ進撃の巨人第9話「左腕の行方ートロスト区攻防戦⑤ー」(Attack on Titan – Episode 1×9)

アニメ進撃の巨人第9話では調査兵団についての説明がされています。最初から要所要所で調査兵団は登場してきましたが、本格的に調査兵団について語られるのは第9話からになります。そして調査兵団の中でもリヴァイ兵士長のエピソードが中心になっています。

アニメ進撃の巨人第8話「心臓の鼓動が聞こえる ートロスト区攻防戦④ー」(Attack on Titan – Episode 1×8)

第8話目でアルミンが初めて作戦を考え実行します。ジャンは悩みながら答えを見つけて進んでいく様子が人間らしい感じがして、管理人も性格的に同じ部分があるので感情移入してしまいました。そして普段冷静なミカサが大号泣する顔が可愛らしかったです。

アニメ進撃の巨人第7話「小さな刃 ートロスト区攻防戦③ー」死を前にした人の心の動き(Attack on Titan – Episode 1×7)

アニメ進撃の巨人の第7話は物語の初めから人間の「恐怖心から来る弱さ」を「これでもか」というくらい表現しています。この回は管理人にとって心に感じるものがある内容でした。自分の愛する者が、自分のせいで亡くなったとき、自分はどうするだろうか?

アニメ進撃の巨人第6話「少女が見た世界 ートロスト区攻防戦②ー」 世界は残酷だ:ミカサ・アッカーマンの生い立ち (Attack on Titan – Episode 1×6)

第6話は茫然自失となっているアルミンの様子から始まります。そしてアルミンは進撃の巨人のテーマになっている言葉を発します。「この世界は地獄(残酷)だ」それ以降、ミカサの過去を含め、世界がどう地獄(残酷)かを説明するようなシーンが連続します。

アニメ進撃の巨人第5話「初陣 ートロスト区攻防戦①ー」(Attack on Titan – Episode 1×5)

アニメ進撃の巨人第5話は大型巨人がトロスト区の開閉扉を破壊してからの話です。ピクシス指令が初登場します。画面上のエレンが迫力があり素晴らしいと思いました。大勢の巨人に対する兵士たちの恐怖心が見ている方にも伝染して始終ドキドキが止まりません。

アニメ進撃の巨人4話「解散式の夜 ー人類の再起②ー」(Attack on Titan – Episode 1×4)

進撃の巨人第4話では、第104期訓練兵団の中でどんな訓練をしていたのか、エレンを取り巻く人間関係と各キャラクターの能力などを描写しています。そして第104期訓練兵団での訓練を終えた後、どういう進路があるのかの説明もされています。

アニメ進撃の巨人3話「絶望の中で鈍く光る ー人類の再起①ー」(Attack on Titan – Episode 1×3)

進撃の巨人3話は、12歳になったエレンが入団した第104期訓練兵団の仲間たちの紹介回になっています。進撃の巨人では登場人物の過去や心情を細かく描いているので感情移入しやすく、そのことが世界中で愛されている理由の一つだと思っています。

アニメ進撃の巨人2話「その日 ーシガンシナ陥落②ー」(Attack on Titan – Episode 1×2)

進撃の巨人の話数の中には実生活の出来事とリンクするものが多く、管理人にとって進撃の巨人2話もその一つです。そのため感情移入がしやすく、何回も観続けてしまいます。1話もそうでしたが空がとても奇麗。ハンネスのセリフを聞くたびに泣いてしまいます。