管理人一覧

中山市郎の怖い話「鳥居を切り倒して一族全滅した話」実話怪談・心霊・オカルト

御紹介した動画は、怪異収集家の中山市郎さんが陰陽師を名乗る方が体験したお話を語っています。中山市郎さんが知り合いの方から聞いた話です。陰陽師を名乗るAさんは陰陽師ということは公言せず、縁のある人に対してだけ除霊などの行為をしているそうです。

中山市郎の怖い話「夜の事務所に現れた女性」実話怪談・心霊・オカルト

御紹介した動画で語られたお話は、怪異収集家の中山市郎さんが仕事関係で知り合った男性K君が体験したものです。中山市郎さんはクリエーター志望の方たちを指導する塾をひらいています。ある日、塾の宣伝のためのチラシ作成をデザイナーK君に依頼します。

中山市郎の怖い話「雪山で他界した友人に助けられた話」実話怪談・心霊・オカルト

御紹介した動画は怪異収集家の中山市郎さんが、集めた実話怪談の中の一つを語られているものです。編集長の仕事をされているAさんが体験されたお話です。お話を聞いた当時50代過ぎのAさんが大学生の二回生のときに体験された出来事です。

中山市郎の怖い話「狐と狸に化かされた話」実話怪談・心霊・オカルト(大阪・兵庫)

御紹介した動画では、怪異収集家の中山市郎さんが「狐と狸に化かされた話」を語られています。この動画内では二つの「狐と狸に化かされた話」があり、お好きなお話を聴いていただけるように開始時間を記入してあるので、記入してある時間から御視聴ください。

中山市郎の怖い話「芝右衛門狸と中座」実話怪談・心霊・オカルト(淡路島・大阪・道頓堀)

御紹介した動画は、中山市郎さんが芝右衛門狸と中座について語っているものです。淡路島に多くの狸が住んでいました。狸たちは夜になるとポンポコと腹鼓を打ち、近くに住む人間は毎夜その音を聴いて過ごしていました。その中に芝右衛門狸という狸がいました。

辻井伸行「第8番 変ニ長調 作品27の2(ショパン)」Nobuyuki Tujii : ピアノ演奏:piano performance:Nocturnes, Op. 27: No. 2 in D-Flat Major(Chopin)

御紹介した動画は、アメリカのロサンジェルスでおこなわれたエシェロンクラブ4周年の集まりで辻井伸行さんがピアノ演奏している様子を撮影したもののようです。エシェロンクラブについて検索して見たのですが、有力な情報を得ることは出来ませんでした。

辻井伸行「8つの演奏会用エチュード 作品40-2『夢』(カプースチン)」Nobuyuki Tujii : ピアノ演奏:piano performance:8 Concert Etudes for Piano Op.40-2(Kapustin)

この動画で辻井さんが演奏しているのはカプースチン作「8つの演奏会用エチュード 作品40-2『夢』」という曲です。説明欄から動画の辻井さんが15歳と知り驚きました。当時の辻井さんの演奏を聴けて、とても貴重なものを聴くことができたと思いました。

辻井伸行「前奏曲 作品28-15『雨だれの前奏曲』(ショパン)」Nobuyuki Tujii : ピアノ演奏:piano performance:Prelude, Op. 28, No. 15 (Chopin)

御紹介した動画で辻井伸行さんが演奏しているのはショパン作「前奏曲 作品28-15『雨だれの前奏曲』」です。辻井さんが演奏していた場所は、ショパンが作家ジョルジュ・サンドと逃避行していたマジョルカ島滞在中に住んでいたカルトゥハ修道院です。

辻井伸行「ピアノソナタ第11番 イ長調 K. 331~第3楽章『トルコ行進曲』(モーツァルト)」Nobuyuki Tujii : ピアノ演奏:piano performance:K.331 Sonat, 2 ve 3(Alla Turca) Bölüm.

動画の中で辻井さんが演奏していたのはモーツァルト作曲「ピアノソナタ第11番 イ長調 K. 331」の中の第3楽章「トルコ行進曲」という曲です。モーツァルト作「トルコ行進曲」は有名な曲で、管理人も幼い頃から何度も聞いてきた曲です。

辻井伸行「ピアノソナタ第11番 イ長調 K. 331~第2楽章『メヌエット』(モーツァルト)」Nobuyuki Tujii : ピアノ演奏:piano performance:Mozart K.331 Sonat, 2 ve 3(Alla Turca) Bölüm.

御紹介した動画は2011年12月に辻井伸行さんがアンタルヤ音楽祭に出演したときに撮影されたものです。辻井伸行さんが演奏しているのは、モーツァルト作曲の「ピアノソナタ第11番 イ長調 K. 331」の中の第2楽章「メヌエット」という曲です。