実話怪談一覧

警備の仕事が怖くなる実話怪談「ドッペルゲンガー」 西浦和也

西浦和さんは警備員の仕事と営業をされていたようです。その関係で警備員に関する怪談話が多くみられます。それら警備関係の怪談を聞くうち「警備の仕事には興味があるけれど、怖い思いはしたくない」と思ってしまいました。最近、仕事復帰を考えるようになり、日給の良い警備の仕事も良いかと思いましたが止めました。

引っ越しするのが怖くなる実話怪談「連鎖」 中山市朗

古い家に住むのは怖いと思いました。YouTubeを観続けると、古民家に関する怪談に出会うことがあります。それらを観るうちに、いつか自分も同じめにあうかもしれないと思い始め、ゾッとします。今、古民家をリフォームしてカフェを開くのが流行っているそうです。そうした人たちは大丈夫なのかと心配です。

実話怪談「心霊番組の怪異」 中山市朗

中山さんがイベントや番組で語られた怪談を抜き取ったと思われる動画がYouTubeに投稿されているので、探すとたまにレアな中山さんの怪談に出会うことがあります。そんな今まで聞いたことのない中山市郎さんの動画に出会えると、嬉しく感じます。 今回、御紹介する動画もそのような感じで発見しました。

病院にまつわる怖い話「病院奇譚」 西浦和也

病院で勤務される方は大変だなと思いました。本当に病院では、日々、動画で語られているようなことが繰り広げられているのでしょうか?管理人も昔、手術をするため入院したことがあります。入院中、深夜の病院を歩いてみても心霊体験はありませんでした。ただ、一度だけ気味が悪い夢を見そうになったことを覚えています。

心霊スポット「千日前」について詳しく解説している動画「千日前にまつわる怖い話vol1」

実話怪談収集家の中山市郎さんが「千日前」が心霊スポットになった経緯を詳しく説明しています。そして、幾つかの「千日前にまつわる怖い話」を語っています。元々あった動画を一つにまとめたものですが、中山一郎さんの語り口調が上手くて惹きつけられます。

西浦和也「獄の墓」

「獄の墓」は、西浦さんの高校時代の先輩のお話です。高校卒業と共に連絡が途絶えた二人は再び連絡を取り合うようになり、当時、西浦和さん開催のイベントに先輩を招待し、西浦和さんが次の舞台イベントの出演を依頼することから不幸が始まっていきます。

大島てる×松原タニシの事故物件ラボ~事故物件アワード2019上半期ノミネート物件ご紹介

6月の放送内容:司会の松原タニシさんが遅刻をしてしまい、そのことの謝罪から始まります。生放送では松原タニシさんが来るまで大島テルさんが番組を進めていました。6月の番組では紹介した事故物件の中から一番の事故物件を視聴者アンケートで決めました。