中山市郎の怖い話「稲川淳二と生霊」実話怪談・心霊・オカルト

中山市郎さんが稲川淳二さんとテレビ番組に共演していた頃のお話です。中山市郎さんが東京に行ったとき、稲川淳二さんと稲川さんのスタッフ二名の方たちとで飲むことになりました。荻窪辺りのお店に入った4人はバーカウンターに座ります。

中山市郎の怖い話「ろくろ首の家系」実話怪談・心霊・オカルト

御紹介した動画は、中山市郎さんが「ろくろ首」の家系に生まれた方の話をされています。この動画で中山市郎さんが出演されているのは2020年8月にCBCラジオで放送された「北野誠のズバリ」という番組です。首だけ飛んでこられても対応に困りますよね。

中山市郎の怖い話「大阪・千日前ビルの怪奇現象」実話怪談・心霊・オカルト

千日前のビル火災が起きた跡地に出来た建物に神社が創建されたり、火災で亡くなった方の魂を鎮めることが目的の慰霊的な物が設置されたりしていたけれど、千日前ビルの跡地に建てられた建物では怪奇現象が起こり続けているらしいです。怖いですね。

中山市郎の怖い話「大阪梅田の警備員の怪談」実話怪談・心霊・オカルト

幽霊を信じないK君は警備員のアルバイトを始めます。ある日、大阪梅田の某地下での警備を頼まれます。初出勤日に巡回していると女性の叫び声が聞こえます。走っていきますが誰も居ません。その日からK君は次々と怪奇現象に遭遇していくのでした。

中山市郎の怖い話「きさらぎ駅と電車に纏わる怖い話」実話怪談・心霊・オカルト

御紹介した動画は2020年にCBCラジオ「北野誠のズバリ」で中山市郎さんが実話怪談を語っている個所を抜粋したものです。「きさらぎ駅」とは、インターネット掲示板に「葉純(はすみ)」と名乗る女性が2004年に投稿した怪奇体験談のことを指します。

中山市郎の怖い話「神社参道前の家に住み祟られた話」実話怪談・心霊・オカルト

実話怪談は教訓めいた話が多く、勉強になると思っています。その中でも中山市郎さんが語る実話怪談は恐ろしく教訓になるお話を多くされています。思い込みや偶然なのかもしれませんが神社仏閣を敬う心を忘れないで欲しいと思い記事にしました。

中山市郎の怖い話「神社跡地を住宅街にして祟られた話」実話怪談・心霊・オカルト

中山さんの知り合いのAさんが、不動産勤務のBさんから聞いた話です。AさんがBさんに「事故物件は本当にあるのか」質問したところ「あるよ」と返答されます。そして「それよりも怖い話があるよ」とBさんは続けます。それは神社跡地にまつわる話でした。

中山市郎の怖い話「心無い一言を発して祟られた話」実話怪談・心霊・オカルト

御紹介した動画は2019年にMBSラジオで放送された「北野誠の茶屋町怪談2019夏」の中で、中山市郎さんが実話怪談を語っている部分を切り抜いたものです。管理人は、この動画を観てから考えるときも悪い言葉を使わないで思考するようになりました。

辻井伸行「 前奏曲 作品28-3(ショパン)」Nobuyuki Tujii : ピアノ演奏:piano performance:Prelude Op. 28-3(CHOPIN )

御紹介した動画は2010年、22歳の辻井伸行さんがピアノ演奏をしているものです。辻井さんが演奏しているのはショパンの「前奏曲 作品28-3」です。1838年からショパンが作家のジョルジュ・サンドと滞在したマジョルカで制作された作品です。

辻井伸行「第8番 変ニ長調 作品27の2(ショパン)」Nobuyuki Tujii : ピアノ演奏:piano performance:Nocturnes, Op. 27: No. 2 in D-Flat Major(Chopin)

御紹介した動画は、アメリカのロサンジェルスでおこなわれたエシェロンクラブ4周年の集まりで辻井伸行さんがピアノ演奏している様子を撮影したもののようです。エシェロンクラブについて検索して見たのですが、有力な情報を得ることは出来ませんでした。