ショパン一覧

辻井伸行「 前奏曲 作品28-3(ショパン)」Nobuyuki Tujii : ピアノ演奏:piano performance:Prelude Op. 28-3(CHOPIN )

御紹介した動画は2010年、22歳の辻井伸行さんがピアノ演奏をしているものです。辻井さんが演奏しているのはショパンの「前奏曲 作品28-3」です。1838年からショパンが作家のジョルジュ・サンドと滞在したマジョルカで制作された作品です。

辻井伸行「第8番 変ニ長調 作品27の2(ショパン)」Nobuyuki Tujii : ピアノ演奏:piano performance:Nocturnes, Op. 27: No. 2 in D-Flat Major(Chopin)

御紹介した動画は、アメリカのロサンジェルスでおこなわれたエシェロンクラブ4周年の集まりで辻井伸行さんがピアノ演奏している様子を撮影したもののようです。エシェロンクラブについて検索して見たのですが、有力な情報を得ることは出来ませんでした。

辻井伸行「前奏曲 作品28-15『雨だれの前奏曲』(ショパン)」Nobuyuki Tujii : ピアノ演奏:piano performance:Prelude, Op. 28, No. 15 (Chopin)

御紹介した動画で辻井伸行さんが演奏しているのはショパン作「前奏曲 作品28-15『雨だれの前奏曲』」です。辻井さんが演奏していた場所は、ショパンが作家ジョルジュ・サンドと逃避行していたマジョルカ島滞在中に住んでいたカルトゥハ修道院です。

辻井伸行「夜想曲第20番(ショパン)」Nobuyuki Tujii : ピアノ演奏:piano performance:Nocturne in C-sharp minor, Op. posth. (Chopin)

辻井伸行さんが動画内で演奏している曲はショパンが作曲した「夜想曲第20番」です。「夜想曲第20番」は1830年の春に作曲され1875年1月5日に出版されました。夜想曲は御紹介した動画の演奏から夜の物悲しい雰囲気が感じられるように思いました。

辻井伸行「ノクターン第18番 ホ長調 作品62-2(ショパン)」Nobuyuki Tujii : ピアノ演奏:piano performance:Nocturne No 18 in E Major, Op 62, No 2

御紹介した動画で辻井伸行さんが演奏しているのは「ノクターン第18番 ホ長調 作品62-2」でショパンが作曲しました。管理人は「優しい感じのする曲だ」と思いました。ノクターンは夜を意味するので夜をイメージしたため、そう感じたのかもしれません。

辻井伸行「バラード第1番(ショパン)」Nobuyuki Tujii : ピアノ演奏:piano performance:Chopin, Frederic:Ballade no.1 g-moll Op.23 CT2

御紹介した動画は19世紀に製造され使用されていたピアノを辻井伸行さんが演奏されている動画です。現代のピアノとでは演奏する感覚が違ってくるそうなので、音質などが低いと感じる部分もありますが19世紀当時の雰囲気を感じられる貴重な映像と思います。

辻井伸行「アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ(ショパン)」Nobuyuki Tujii : ピアノ演奏:piano performance:Andante spianato et Grande Polonaise brillante

管理人は音楽は素人ですが、この曲はドラマチックだと感じました。曲中に起承転結があるような気がしたからです。辻井さんの動画記事を書き始めて「ポロネーズ」という言葉が見られるようになりポーランド起源のダンス曲を聴きたいと思うようになりました。