Splendid piano performance in YouTube【感動的なピアノ演奏をするパフォーマー】

You can watch a wonderful piano performance in YouTube.
I was impressed by the piano which she played and wrote this article.

Natalie: Iconic Melbourne Piano Street Performer. [Untitled original piece.] (21/1/2014)

動画元:Natalie: Iconic Melbourne Piano Street Performer.[Untitled original piece.] (21/1/2014)
動画投稿者:Matthew Trayling

動画の記事を書いた理由

この投稿をInstagramで見る

Gifutoz Mac’さん(@gifutoz)がシェアした投稿

これまでのブログ「おすすめ動画」で書いてきたピアノ記事と同様、この動画で流れるピアノの音色に癒されたので記事を書きました。

この動画のピアノの音色は、疲労して考えることもできなくなっていた当時の管理人の心を癒してくれました。

きっとこの動画のピアノの音色が、当時の管理人のように仕事や私生活で疲れ切った方々の心を癒してくれると信じてこの記事を書いています。

動画を観て思ったこと

この投稿をInstagramで見る

Nikiさん(@niki_r_)がシェアした投稿

この記事を書くため、久しぶりに今回、御紹介した動画を観ましたが、本当に透き通るような素晴らしい音色でした。

動画の最後にピアノの周囲に集まった人々が映し出せれていましたが、彼らも同じ気持ちでいたのかもしれません。
生演奏で聞くことができたら、もっと感動しそうです。

ピアノ演奏者Natalie Trayling(ナタリー トレイリング)について

この投稿をInstagramで見る

@anderson_imageがシェアした投稿

御紹介した動画の中でピアノを弾いているのは、Natalie Trayling(ナタリー トレイリング)さん(2019/9月現在で84歳)です。

Natalie Trayling was born and raised in Perth; her parents, Steve and Anna Miolin, were ethnic Croats from Yugoslavia who’d settled in Australia prior to World War II.
引用元:THE AUSTRALIAN “ The homeless virtuoso ”
和訳:
「ナタリー・トレイリングはパースで生まれ育ちました。彼女の両親であるスティーブとアンナミオリンは、第二次世界大戦前にオーストラリアに定住したユーゴスラビア出身のクロアチア人でした。」

ユーゴスラビアは、南東ヨーロッパのバルカン半島地域にあった国で、ユーゴスラビアの国名が存在していたのは1929年から2003年までの74年間でした。

ユーゴスラビアは第二次世界大戦でソビエト連邦とその同盟国に侵攻されてしまいます。

Natalieは、第二次世界大戦で自分の国が無くなってしまう前にオーストラリアへ移住したようなので、戦争の被害に遭わなくて良かったですね。

Natalieの両親について

この投稿をInstagramで見る

Meg Ryanさん(@m3gryan)がシェアした投稿

Her parents were both musical: Steve played the trombone and Anna sang opera.
引用元:THE AUSTRALIAN “ The homeless virtuoso ”
和訳:
「彼女の両親は両方とも音楽の才能がありました:スティーブはトロンボーンを演奏し、アンナはオペラを歌いました。」

Natalieの音楽に関する才能は、両親から受け継がれたようです。
Natalieは協会の日曜学校でピアノと出会い、ピアノを習いたかったのですが、家計の事情で習うことができなかったそうです。

Natalieとピアノ

この投稿をInstagramで見る

Christineさん(@redmacrose)がシェアした投稿

そんなある日、協会の修道女がNatalieの母親と話し合って、Natalieが音楽のレッスンを受けられるようにしてくれます。

Sister Mercy told Natalie that the school had agreed to provide music lessons for virtually no charge.
引用元:THE AUSTRALIAN “ The homeless virtuoso ”
和訳:
「シスター・マーシーはナタリーに、学校は事実上無料で音楽レッスンを提供することに同意したと語った。」

Natalieの夢が叶って良かったですね。
日曜学校でピアノに興味を持っているNatalieの様子を知って、協会が学校に話をつけてくれたようです。

Natalieは学生時代に音楽を習い続け、大学卒業後はエンターテインメントグループに参加。
全国ツアーなどで数年旅を続け、旅先で知り合った男性と結婚します。

その後のNatalie

Natalieは4人の子供を設けましたが、二人の娘を事故と病気で失ってしまいます。

そして、家を火事で失ったとき、Natalieは子供一人を連れてメルボルンに移住してしまいました。

それ以来、Natalieは特定の家に住むことなく、ホームレス状態の生活を始めるようになったそうです。

Natalieの夫が家を用意しても、Natalieは拒否しました。

悲劇的な出来事が重なりすぎて精神的に疲れてしまったのかもしれませんね。

路上パフォーマンスと現在のNatalie

この投稿をInstagramで見る

Symphony of Greenさん(@symphonyofgreen)がシェアした投稿

2008年、Natalie73歳のとき、息子さんの提案で路上パフォーマンスを始めます。
それ以来、現在までNatalieは路上パフォーマンスを続けているそうです。

その様子はYouTubeチャンネルに動画として投稿されています。

<Natalieの演奏が動画投稿されているチャンネルはこちら>

YouTubeチャンネル:Matthew Trayling

参考サイト:THE AUSTRALIAN “ The homeless virtuoso ”

まとめ

この投稿をInstagramで見る

AZLINA WILSONさん(@azlina.wilson)がシェアした投稿

動画のピアニストNatalieが送ってきた人生を簡単に御紹介してきましたが、彼女の人生はもっと複雑なものでした。

詳しく知りたい方は、まとめの上に記載してある、本記事で参考にしたサイトを御覧ください。

参考サイトはオーストラリアのサイトなので英文で書かれていますが、今はネット上に翻訳サイトがあるので読むことができると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする